川崎・横浜・東京 女性起業家アドバイザー 山崎恵美のブログ

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験とともに貴女の会社と人生のお金と運の両立サポート

口コミをしてもらうには

おはようございます。株式会社アンブラン・女性起業家専門アドバイザーの山崎恵美子です。女性起業家のみなさん、そしてプレ女性起業家のみなさん、毎日お疲れ様です。

 さて、年末も近づき、小売業や飲食店などは年末商戦に突入する時期となりました。

なんとか集客を図りたいと販促方法を考えていく中で、やはり一番だと感じるのは「口コミ」ですね。

口コミで自社の商品やサービスを広めてもらうにはどうしたらいいのでしょうか。少し基本に立ち返って考えてみましょう。

逆に自分が口コミしたいと思う時。それはどんな時でしょうか?

「貴方にもこの商品良さを知ってもらって、素晴らしさを体験してほしい」という他者愛的な部分ももちろんあるでしょう。

しかし「私は実はこんな素晴らしいもの知ってるのよー」とか「この商品を見つけた私ってセンスあるでしょー」とか、いわゆる自己のブランドを高めたいという動機に基づく時が多いような気がします。

自社商品にはそういった要素がなくては、口コミに乗りにくいということになります。そして当然ですが、「常にそのレベルを保つ」事が重要です。口コミして下さったお客様のメンツを潰すようなことがあってはなりません。「二度と紹介しない」ということになってしまいます。

 余談ですが「教えたいけど教えたくない」くらいに自社の商品が良いものである場合は、たとえ口コミで広がらなかったとしても、通常の販促で一度経験したお客様は最強のリピーターになりますし、やがてどこからか広まっていきます。

そして、本当に基本ですが、口コミしてもらう上で最も重要なのが「伝えやすい」ということです。

実際にはとても素晴らしいすごい商品を紹介したいと思っても、その内容を人に説明しにくければ、口コミとして広がっていくのは難しいと言えます。

ですから極端な話、「自社商品のキャッチフレーズで広めてもらう」くらいにセールスポイントを絞り込んでおくことが重要と考えます。

ご参考まで。

本日は飲食店のリサーチです。

~女性の起業相談・人生相談・販売促進アドバイス・経理アドバイス・イベント発案・商品開発アドバイス・販促物版下作成・おまけの気学鑑定まで。女性起業家専門のオーバルアドバイス&アウトソーシングの株式会社アンブランです~