読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川崎・横浜・東京 女性起業家専門アドバイザー 山崎恵美のブログ

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験とともに貴女の会社と人生のお金と運の両立サポート

恵方詣り ~2016・春分~

おはようございます。株式会社アンブラン・女性起業家専門(だけど性別不問)アドバイザーの山崎恵美です。

 

明日は春分の日です。

毎回書いていますが、春分と秋分の日は陰陽のバランスが取れている日です。

ご自分の運気のバランスも感じやすい日ではないでしょうか。

運気のチェックをする意味でも、春分の日前は

どんな気分でいられるか?と、気にしてみてください。

 

「ちょっと停滞ぎみかな」とか

「最近下がってきたみたい・・・」などと感じていらっしゃる方は

(そうではない方も)ぜひ恵方詣りをしてみてください。

 

恵方詣りお作法については、色々なサイトで詳しく紹介されていますので

そちらを参考になさるのも良いかと思いますが

ここでも基本中の基本をおさらいしておきます。

 

①方位・・・丙の方位(南30度をさらに10度に三分割した東寄りの方位)

②距離・・・自宅から最低でも750m以上(遠ければ遠いほどよい)

③場所・・・神社、仏閣、教会(敷地内に墓のある寺、地蔵、お稲荷さんはNG)

④時間・・・特にこだわりませんがなるべく早い時間がよいとされます。

⑤作法・・・右手人差し指で「天」を左人差し指で「地」を指す

⑥題目・・・「どうか私にチャンスを下さい」

      「どうか私にチャンスを見る目を下さい」

      「どうか私にチャンスに乗る勇気を下さい」

以上です(笑)

 

私の場合は、

・神社であれば「二礼二拍手」などその神社仏閣教会に合わせた作法の

お詣りを済ませてから、本題に入ります。

 

・合わせて「お願いごと」をしても良いですが、一場所一日につき一回のみです。

・「お願いごと」の前に「住所・氏名」をお伝えします。

 

私は前回、冬至の日に恵方詣りをしましたが

その直後「講演」のお話を頂きました。

最初はお断りしようかどうしようか、思案したのですが

「チャンスに乗る勇気」をいただいて、お受けした次第です。

 

「恵方詣り」は「チャンスを頂く」ためのものです。

折角チャンスを頂いても

チャンスを見抜く目が無かったり

チャンスに乗る勇気が無かったりしたら

「モノ」にすることはできません。

 

恵方詣りをした後は、感性を研ぎ澄ませて過ごすことを心がけてみてください。

では良い一日を。

 

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験で貴女の会社のお金と運の両立サポートするアンブランです