読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川崎・横浜・東京 女性起業家専門アドバイザー 山崎恵美のブログ

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験とともに貴女の会社と人生のお金と運の両立サポート

価格の決定はエネルギーの等価交換と知る

女性起業家のための経営ヒント

 おはようございます。株式会社アンブラン・女性起業家専門(だけど性別不問)アドバイザーの山崎恵美です。

 

 

自分の生み出す商品の価格設定には、頭を悩ますところです。

物販はさておき、特に仕入価格がはっきりしていない

サービス業はなおさらです。

 

一度低く値付けをしてしまうと、値上げに踏み切ることは難しいですよね。

でも、いつまでもサービス価格ではやってはいられないですし。

(販促としてのサービス価格はありですが。)

 

これは相当なジレンマです。

 

 

「自分を安売りしては、絶対ならない」

 

当たり前なんですが、これがなかなか難しいですよね。

 

ですからまず、私達起業家は「いかに高く売るか」ではなく

「いかに安く売らないか」ということを心に置くべきかもしれません。

 

「安く提供することがサービスだ」という思い込みは捨てるべきでしょう。

そのための考え方。

 

 常に「エネルギーは等価交換である」ということを理解すること。

  

 

適正価格より低く設定したり「無料」で提供してしまったりすると

その相手は一時は「得をした」という錯覚に陥ります。

 

でも違います。

実は「ツケ」を負わせているのです。

お客様に「人生でのエネルギーの借金」を負わせてしまっているのですね。

 

「借金やツケ」はいつかは返さなくてはならないものです。

相手はここで返さなくても「いつかどこかでだれかに」返すことになります。

 

返済は「お金」だけとは限りません。

何かに形を変えてくる場合もあります。

 

相手にそんな 思いをさせないように。

せめてここでは「ツケ」を貯めないように、お題は適正価格できっちりと。

 

そうはいっても、「高いと売れない」と考えるならば

それが「適正価格」として世間に認識されていということを理解し

一層商品の品質向上に研鑽を積む必要があるでしょう。

 

 

 気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験で貴女の会社のお金と運の両立サポートするアンブランです