読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川崎・横浜・東京 女性起業家専門アドバイザー 山崎恵美のブログ

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験とともに貴女の会社と人生のお金と運の両立サポート

自分が最大吉方であることの自覚

気学・風水・社会運勢学 女性起業家の自己啓発

おはようございます。株式会社アンブラン・女性起業家専門(だけど性別不問)アドバイザーの山崎恵美です。

 

先日、一白の私が「最大吉方」という方にお会いしました。

 

その方は本命三碧の方で私より2つ年上です。

 

順調に人生の月日を重ねられたご様子で

「最後の陽運気もとっくに過ぎたし、人生でこれといってやり残したこともないし。」

とまさに人生悔いなしのご様子なのですが・・・

 

やはり「なにか物足りない感」がおありのご様子でした。

 

干支の展開から言えば60年で還暦。

「もうすぐ人生の2ターン目が始まりますよね。三碧の方は陽運気が来るのが一番早いのですから、人生2回目の陽運気、狙えるのではないですか?」

と何気なく私が口にしたところ。

 

みるみる顔がぱぁぁぁっと明るくなられました。

「そういう考え方があったなんて!いいこと聞いた!さすが最大吉方の人~」

と目からウロコみたいなお顔をされていました。

 

もちろん「還暦からの陽運気」という統計は、気学にあるとは聞いてません。

その方も気学に詳しい方だからこそ、私も言えた言葉です。

 

でも。

人生80年も90年も考えられるこの時代です。

そういう考え方をもつのもアリなのではないでしょうか。

 

先日80歳で宅建を取得し起業した女性の記事を読みました。

85歳で年商3億とか。

かのカーネルサンダースさんも60からの起業ですしね。

 

この方も、もしかしたら何かお考えがあったのかもしれません。

 

その日は北の四緑の最上方位で本命方位の日盤吉方を取った後の出来事でした。

 

自分の厄を祓ってなお、あまりある効果(人様のお役に立てた)に

私もびっくりした一日でした。

 

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験で貴女の会社のお金と運の両立サポートするアンブランです