読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川崎・横浜・東京 女性起業家専門アドバイザー 山崎恵美のブログ

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験とともに貴女の会社と人生のお金と運の両立サポート

「ウィンウィン」と「三方吉し」を考えてみる【前編】

おはようございます。株式会社アンブラン・女性起業家専門(だけど性別不問)アドバイザーの山崎恵美です。

 

商売では「ウィンウィン」という言葉は常識です。

日本ではさらに一歩進んで「三方吉し」なんて言葉が使われます(古い?)。

 

 

気学では師匠のお言葉を引用させていただくと、三段論法です。

 

 

まずは「生きる」

自分の命を大事にする。自分の生活を大事にする。家族を大事にする。

 

自分が生きやすくするためには、環境を整えることが大切です。

金銭・物質面然り、精神面・人間関係然り。

 

気学の活用はここに重点を置く方が殆どです。

 

悪い事ではありません。

自分の命を大切にする。これはとても大切なことです。

 

 

次に「他人を活かす」

どういったことでしょうか。

 

自分の子供や愛する人、大切な人のためには滅私奉公的なこともできるでしょう。

でもただの知り合いや、赤の他人には?

たとえば会社や社会、同業者、ライバル的な人には?

 

滅私奉公なんて大袈裟な事とは言わないまでも、

成長を助けるとか、協力を惜しまないとか

時には己を殺して我慢をするとか。場合によっては自分が損する場合もあるとか。

 

こういう段階でこそ、最も活用価値がある気学です。

 

人をみる。

その人が生きやすい環境を作ってあげる。

その人が活躍しやすい場を提供してあげる(提案してあげる)

 

「なーんだ、そんなこと?」

と思う方もいらっしゃるかも知れません。

 

でも、意外と難しい。

 

そして、やっと自分がそういうことを想い、実行に移すとき・・・

他人の理解が得られないことが多かったりするのも、また事実です。

 

 

ここまででは「ウィンウィン」ではありません。

ましてや「三方吉し」まではまだまだおよびません。

 

ではこの先にはなにが待っているのでしょうか。

続きは次回。

 

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験で貴女の会社のお金と運の両立サポートするアンブランです