川崎・横浜・東京 女性起業家アドバイザー 山崎恵美のブログ

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験とともに貴女の会社と人生のお金と運の両立サポート

「時間」のかけ方について

 こんにちは。株式会社アンブラン・経理&気学アドバイザーの山崎恵美です。

 

今日から7月です。

後半戦の始まりですね。

 

否が応でも「残り時間」を意識してしまう年の後半です。

 

物事を「最短ルートで効率的に」とは事業をしていれば

おのずとついて回るこの意識(笑)

 

「善は急げ」とか

「思い立ったが吉日」とか

「時は金なり」とか

スピードこそ命と言うような諺もあれば。

 

「急がば回れ」とか

「急いてはことを仕損じる」とか

時間をかけることでより良い結果が得られる、という教えもあります。

 

何事にも「陰と陽」があるのは、気学の教えによらずとも周知の事ですよね。

ですから「急がねばならない時」も「じっくり進める時」もあるのは当然です。

 

●課題を目の前に「今の自分はどっち??」となったとき

 判断するには、色々な情報や意見を集約分析するでしょう。

時と場合による、と言ったこともあるでしょう。

あるいは、それすらも時間の無駄のような気がして「直感」で決めてしまう場合もあったりします。

 

人生には「選ばなかった方の選択肢」を検証する事はなかなか出来ません。

なので「選んだ結果が最善」と言うことになります。

 

でも。

「予想通りスムーズに事が運んだ」とか

「やってみたけど中々思うように動かなかった」とか

「ダメだと思ったけど、結果はこれで良かった」とか

「過程は良かったんだけど結果が今一つだった」とか

選択した方の結果から、何らかの逆の検証ができる場合があります。

 

自力ではない何かしらのエネルギーが働いているのを

実感する瞬間です。

 

こういう時こそ「盤」を観る。

結構おもしろ実験だったりもするのですが^^;

 

今月の私は、焦っても成果が出にくいみたいなので

効率よりも、一定の時間をかけて

内容の充実を図ることの方を選ぼうと思います。

 

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験で貴女の会社のお金と運の両立サポートするアンブランです