川崎・横浜・東京 女性起業家アドバイザー 山崎恵美のブログ

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験とともに貴女の会社と人生のお金と運の両立サポート

土用期間中の過ごし方~私の場合~

 

こんにちは。株式会社アンブラン・経理&気学アドバイザーの山崎恵美です。

本業の傍ら、週末だけ「気学cafe&ワインBAL」を経営しています。 

 

 

だたいま土用の真っ最中ですね。

 

ご存じの方もいらっしゃると思いますが

土用は年に4回あります。

 

f:id:un-blanc:20170722092219j:plain

 

それぞれ四立の前のおよそ18日間くらいです。

(四立=立春・立夏・立秋・立冬)

 

季節の変わり目の期間となります。

「次の季節の準備期間」と考えるのがよろしいようです。

 

世間では夏の土用だけが残ってしまっている感じですね。

多分、大多数の方が辛さを「実感」してきたのだと思われます。

 

土用期間中の注意事項を、簡単ですがこちらにまとめてありますので

ご参考になさってください。

un-blanc.hatenablog.com

 

●土用期間の過ごし方 

夏の暑さと相まって一番つらく感じる夏土用ですが。

どのように過ごしたらよいのでしょうか。

 

結果から言うと・・・

 

「何もしない」

のが一番かと思われます。

 

しかし。

人生ではそういう時に限って、何かと問題が持ち上がるものです。

 

そういう時に「対処しなければ!!」と意気込んで行動を起こすのは

たとえば

「発車寸前の電車に飛び乗ったら、自分の目的地とは正反対の方向に行く電車であった・・・」

と言うようなものです。

 

ようは、やらなかった場合より事態が悪化するのです。

余計に手間と時間がかかってしまう。

ひどい場合は「泥沼化」する。

 

わざわざ時間とエネルギーを奪われるなら、

余計な疲れを感じてしまうことになるなら

この期間は一時停止が最良の策だと考えるわけです。

 

人生、そうそう切羽詰ったことなど滅多に起こるものでもありません。

 

正しい判断力は、いつか戻ってきます。

重要な物事に対処する、あるいは戦略を実行する。

その適切な時機を待つのも大事なことです。

 

この期間は心穏やかに

日々のルーチンを淡々とこなしていく。

あるいは英気を養う。

次の季節の準備をする・・・などなど。

 

そのようにお過ごしになられるのが最良かと思われます。

 

実はこれは、この事を自分に言い聞かせるための記事です(笑)

ちなみに私は、地味にコツコツと自社の決算業務を行います。

 

 

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験で貴女の会社のお金と運の両立サポートするアンブランです

♪ワンコイン鑑定もやってます♪ 週末気学cafe&ワインBAL ↓↓

東京都多摩市馬引沢2-12-3シャトルブラウンA 【Le Muguet】 (ル・ミュゲ)