川崎・横浜・東京 女性起業家アドバイザー 山崎恵美のブログ

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験とともに貴女の会社と人生のお金と運の両立サポート

個人事業(主)の方へ~帳簿つけのススメ~その1

 

こんにちは。株式会社アンブラン・経理&気学アドバイザーの山崎恵美です。

本業の傍ら、週末だけ「気学cafe&ワインBAL」を経営しています。 

 

 

 こういう職種柄(経理事務)、避けて通れないのが『税務署の調査』です。

利益を出している法人ならば、5から7年くらいで税務署の人とお会いします。

 f:id:un-blanc:20150306104605j:plain

●法人から個人へ

なんとなくですが、最近個人の方への調査が多くなったように感じられます。

そして確実に、ン十万単位でもっていかれています。

 

個人の方は、経理事務というものはやらなきゃわかっているけど

・『時間がない』

・『わかりにくい』

・『面倒臭い』

 

この3点セットで帳簿つけができないのですよね。

かといって税理士さんに頼むと

『お金がかかる』 

 

なので「まっいいや。」と放置してしまい・・・

結果「それ以上にお金がかかってしまう」という事態になってしまうわけです。

 

●やはり個人でも事業主なら申告は必要

 

サラリーマンでないかぎり(源泉徴収されていない限り)

申告は必要です。

開業届を出している出していないにかかわらず、です。

 

『赤字だからいいだろう』とか『大して儲かっていないから』とか

そういった思い込みで申告していないと・・・

多分・・・

後から・・・

すごい目にあってしまうかも知れません。

 

何故なら

申告していない人は、当然事細かに記録はおろか

領収書を保存していないからです。

 

と、なると・・・

 

どうなるでしょう???

(次回につづきます)

 

 

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験で貴女の会社のお金と運の両立サポートするアンブランです

♪ワンコイン鑑定もやってます♪ 週末気学cafe&ワインBAL ↓↓

東京都多摩市馬引沢2-12-3シャトルブラウンA 【Le Muguet】 (ル・ミュゲ)