川崎・横浜・東京 女性起業家アドバイザー 山崎恵美のブログ

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験とともに貴女の会社と人生のお金と運の両立サポート

個人的M&A

こんにちは。株式会社アンブラン・経理&気学アドバイザーの山崎恵美です。

本業の傍ら週末だけ「気学cafe&ワインBAL」で鑑定をしています。

 

 

「会社を設立したいけど、何かと色々お金もかかるし…」

という方には「会社を買う」という方法が

選択肢の一つとなることがあります。

 

f:id:un-blanc:20150320075756j:plain

 

基本

●同業種の会社を買う

というのが一般的で簡単ですが

 

●実体のない(休止している)ペーパーカンパニーを買う

という方法も(定款の変更をする必要はありますが)割と簡単だと思います。

 

 

とは言っても現実的には、後々いろいろな問題が出る場合がある、というリスクも覚悟しておかなければなりません。

 

●既存の従業員・顧客が馴染めずはなれていってしまう、とか

●後になって「隠し負債」が発覚した、とか

いうようなことです。

 

ま、それはひとまず置いておくとして。

 

 

今回は気学的に「売る側の理由」が大事

ということについて少し書いておくことにします。

 

 

私的に

前の持ち主が「経営に行き詰った」という理由でその会社を買うのは

基本NGです。

 

いわゆる「良くない気」をそのまま受け継いでしまう

という理由からです。

 

 

逆に

●この会社を売った資金で新しい事業を始める、とか

●十分稼いだけど年齢的にリタイアの時期である、とか

そういう発展的、円満的な理由ならGOとします。

 

 

では

●後継者がいない

 という理由ではどうでしょうか。

 

一族に「末広がりでない」という運気は漂うものの

場合によってはありと考えてよいかと思います。

 

特に今年は「八白土星」の年柄。

「一時停止・再開」「変革」の気がみなぎる年です。

 

事物を継ぐ役割をもつ人も注目されるでしょう。

 

 星回りで、そういう場所にいる人もいます。

 

 

何にしても会社を作るということは、

時期・タイミングと方位が重要です。

(もちろん事前準備は言うに及ばず、ですが) 

 

 

 

 

【随時開講】

わくわく氣学ゼミ

初級講座 月5,900円  (全10回)

中級講座 月6,900円  (全10回)

 

 

【企業・個人鑑定】

毎月1回 月10,000円  (およそ2時間)

単発    16,000円  (およそ2時間)

www.un-blanc.com

 

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験で貴女の会社のお金と運の両立サポートするアンブランです

 

♪ワンコイン鑑定もやってます♪ 週末気学cafe&ワインBAL ↓↓

東京都多摩市馬引沢2-12-3シャトルブラウンA 【Le Muguet】 (ル・ミュゲ)