川崎・横浜・東京 女性起業家専門アドバイザー 山崎恵美のブログ

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験とともに貴女の会社と人生のお金と運の両立サポート

空店舗リノベーション

  おはようございます。株式会社アンブラン・女性起業家専門アドバイザーの山崎恵美子です。女性起業家のみなさん、そしてプレ女性起業家のみなさん、毎日お疲れ様です。
 空き店舗のリノベーションについて書かれた興味ある記事があったのでご紹介します。 

河北新報社

山形市の東北芸術工科大の教員や学生らのグループが、中心市街地の空き物件の解消に取り組み、実績を上げている。若い世代の発想を生かして改装などを担う「山形R不動産」を産学連携で結成。県内外から参加者を募り、幅広い観点から店舗活用のアイデアを練るワークショップも開催し、ノウハウを広げている。
 地方都市で深刻化する空き店舗問題の解決を図ろうと、同大の馬場正尊准教授(建築設計)が中心となって2009年に取り組みを開始した。
 建物の内外装を一新するリノベーションなどの頭文字を取ったR不動産は、地元の不動産業者や学生らで構成する。

空間デザインの観点を生かした改装、活用方法を提案した物件紹介などをホームページで行い、これまでに約10件で入居者を確保した。
 改装第1号となった廃業旅館は、キッチンや居間を共有するシェアハウスに再生し、現在は10人ほどが入居する。

このほか壁全体に合板を張り自由に装飾できる住居や、土間のある空間など斬新な企画を提案してきた。
 本年度は、山形市の「まちなか再生支援事業」の委託を受け、活動の一環として「山形リノベーションスクール」を9月下旬に初開催した。
 宮城県内や首都圏などのデザインや建築設計の業界関係者、自治体職員ら約30人が参加し、市中心部の3物件について活用策を検討。ホテルやオフィスなどへの再生案を練った。3日間の日程最終日には公開プレゼンテーションを行い、資金調達、運営方法なども加えた案を不動産オーナーに直接提案した。
 馬場准教授は「今後、具体的な交渉につなげ、物件再生を実現できればうれしい」と強調。「R不動産を通じた情報発信とスクールを通じ、民間の力を生かした市街地再生のモデルにしたい」と説明している。

 産学連携の事業は若い才能を伸ばし、既成の概念に新しい風を送り込む楽しい効果が期待されます。と同時に、ベテランのノウハウと実現可能で効率的な運営も合わせて提供されることは、非常に強力な解決力になるのではないかと期待されます。

本日は都内の飲食業の実務とアドバイスです。

~女性の起業相談・人生相談・販売促進アドバイス・経理アドバイス・イベント発案・商品開発アドバイス・販促物版下作成・おまけの気学鑑定まで。女性起業家専門のオーバルアドバイス&アウトソーシングの株式会社アンブランです~