読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川崎・横浜・東京 女性起業家専門アドバイザー 山崎恵美のブログ

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験とともに貴女の会社と人生のお金と運の両立サポート

女性らしい話し方

女性起業家の自己啓発

 おはようございます。株式会社アンブラン・女性起業家専門アドバイザーの山崎恵美子です。女性起業家のみなさん、そしてプレ女性起業家のみなさん、毎日お疲れ様です。

「女らしい」「男らしい」がセクハラ言葉になってしまったのは、なんとなくさびしく感じてしまう世代の私ですが、やはり言葉遣いにはその特性を生かした方が、ビジネス的にも大変有利だということは言えると思います。

どんなことに気を付けたら相手に響く話し方ができるようになるのでしょうか?ちょっと調べてみました。

 

●語尾を丁寧に話す

語尾をのばしたり、逆に言い切ったりするのはプライベート用です。甘えているような印象や威圧的な印象を与えるのはマイナス。ビジネスシーンでは落ち着いた印象を与えるようにしましょう。

●声のトーンを調節する

女性の声は低すぎても『暗い』高すぎても『軽い』と言われてしまいます。電話では相手の顔が見えない分ワントーン高く発声するといいのですが、会話では落ち着いた声がいいでしょう。意識的に声の高さや大きさも調節するように心がけましょう。

●正しい文法で

『話のわかりにくい女性』っていますね。主な理由は文法を無視してるからだと思われます。「あれ」「それ」で済ませたり、主語を省略したり、助詞を省いて単語の羅列になったり。女達同士のおしゃべりではオーケーでも、仕事上の会話、特に男性には伝わりにくくなってしまっているので注意しましょう。

●若者言葉

「『ヤバイ』『チョー』『ウケル』など、ビジネスシーンではマナー違反と受け取られても仕方ありません。周りにつられて使わないように。

●表情は豊かに

無表情での会話はマイナスの印象しか与えません。満面の笑みを浮かべる必要はありませんが、少し口角をあげると優しい印象に。少し驚いたり、困ったりした表情も会話の内容に合わせて出すと同調を表し、相手に安心感を与えるでしょう。あまりコロコロ表情が変わるのは、ビジネスシーンでは落ち着かない印象を与えてしまう場合もありますので程々を心がけましょう。

●相手の話は最後まで聞く

相手の話を途中でさえぎってしまうのは会話マナー違反です。不快な印象を与えるので注意しましょう。相手の話を最後まで聞いてから、自分の話をはじめましょう。

●聞き上手を心がける

適度な相槌のタイミング、「なるほど」「そうそう」などの合いの手、適度な質問、話の締めくくりのフォロー、しぐさや言葉のミラー効果などなどリズミカルな会話となるように心がけましょう。

●会話中の視線は相手へ

当たり前ですが、そっぽを向いて話しても、会話に気持ちは入っていきにくいものです。意識的に視線を相手ののどや顎付近に向けるように心がけてみてください。視線を合わせるのも方法ですが、あまり目を見過ぎると威圧的になってしまう場合もありますので注意しましょう。

 いかがでしょうか?人と会話するって大変ですね。少しづつ意識してスムーズなビジネストークができるように日々頑張りましょう。

本日川崎市のサービス業の実務とアドバイスです。

~女性の起業相談・人生相談・販売促進アドバイス・経理アドバイス・イベント発案・商品開発アドバイス・販促物版下作成・おまけの気学鑑定まで。女性起業家専門のオーバルアドバイス&アウトソーシングの株式会社アンブランです~