川崎・横浜・東京 女性起業家アドバイザー 山崎恵美のブログ

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験とともに貴女の会社と人生のお金と運の両立サポート

焦り・・・その1

 

おはようございます。株式会社アンブラン・女性起業家専門(だけど性別不問)アドバイザーの山崎恵美です。

 

「早起きは三文の得」なんて申しますが、

「早起きしたくなくても、目が覚めてしまう」という女性起業家さんは多いようです。

 

加齢のせいならまだしも (それはそれで問題ですけど)

おそらくはある種の「焦り」からくるもののようです。

 

つぎから次へと迫る課題。

こなさなければならないルーチンワーク。

特に相手のある課題は、自分がいくら頑張ってもどうにもならないこともあるでしょう。

 

「焦り」を解消する方法として、「4つの区分け」の応用を考えてみましょう。

・急いでやらなければならないこと

・急ぎではないがやらなければならないこと

・すぐやりたいこと

・いつかやりたい事

 

コツはやはり「期限を設ける」ことです。

「いつか」は結局「放置」に陥ってしまうことが多いのは、私が実証済です。

 

そうすると、いつまでも「不完全燃焼」のままで

これまたある種の「焦り」を生み出します。

 

そしてもう一つは「同時進行」で物事を進めること。

一見、優先順位を無視して「焦り」を増幅させているように思えますが

「これが終わったら次はこれをやろう」という考え方は

実は効率が悪いです。

 

端的に言うと

長さの違う(期限の異なる)棒グラフ(やること)を

何本も同時に走らせることで、時間にをフレキシブルに活用でき、

固定の縛りにとらわれず行動できる、ということです。

 

そして、その棒グラフを「今日」という時間軸で切り取ったとき、

優先順位はおのずと決定します。

 

そしてまた、思わぬ空白が生まれることもあります。

そんな時は、焦らず思いっきりリフレッシュするか、

ブレーンストーミングに時間を使うといいかもしれません。

 

気学で起業・経営イノベーション。経理畑30年の経験で貴女の会社のお金と運の両立サポートするアンブランです